読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arinoth's memo

arinothのメモ

本文グリッド揃えで画像やソースコードの下空きがバラつく理由と対処方法

InDesign DTP

最近初校が終わったあたりで、「ソースコードや画像の下空きを統一してください」といわれることがよくあります。下の画像をよく見ると、各ソースコードの下の空きがばらついているのがわかると思います。

f:id:arinoth:20140323021514p:plain

これは揃えてないわけではなくて、「本文がグリッド揃えになっている」デザインの構造上、「揃えることが不可能」なのです。

どうしてと聞かれることもよくあるんですが、揃わない理由が結構ややこしく、毎回図を作って説明したりしています。これも結構大変なので、汎用的に使える説明用の図と、事前に揃える方法について説明しておこうというのがこの記事の趣旨です。

画像やソースコードの下が揃わない理由

言葉で説明するのはむずかしいのですが、グリッドを表示させた状態を見ると一目瞭然です。

f:id:arinoth:20140323021457p:plain

本文のグリッド揃えがオンの場合、グリッドの行送りに沿って文字が配置されます(中見出しは2行取り中央なので例外です)。ソースコードや画像の行送りは本文と違うため、本文グリッドとのずれがソースコードや画像の下に集中することになります。

ソースコードの行送りを本文と合わせれば単純なのですが、そうすると今度はソースコードが読みにくくなると思います。本文より狭めにデザインされるのが一般的です。

本文のグリッド揃えを「なし」にすると

要するに本文のグリッド揃えが原因なので、試しにスタイルを変えて「なし」にしてみます。

f:id:arinoth:20140323022115p:plain

すると、初期設定だとグリッド揃えをオンにしている場合は行送りの設定は「自動(文字サイズと同じ)」になっているので、行がグリッドを無視してギュッと詰まります。

f:id:arinoth:20140323022209p:plain

グリッド揃え「なし」の状態で整える

ここでグリッドと同じになるよう行送りを設定してみます。

f:id:arinoth:20140323022429p:plain

※ここではフレームグリッドの行送り指定に合わせて「21H」と設定したのですが、微妙にずれているので「22H」が正解っぽいです。

これでだいぶ似た感じになります。

f:id:arinoth:20140323022500p:plain

ただ、中見出しの下の空きがないせいでまだズレがあるので(中見出しは2行取り中央で、グリッド揃えオン時はさらに上下に行間分の空きが足される)、行間と同じだけの段落間スペースを設定してみます。

f:id:arinoth:20140323022652p:plain

これでソースコードが入る前まではグリッド揃え有効時と同じ見た目になりました。しかし、ソースコードの下側の文章はグリッドと合わなくなります。

f:id:arinoth:20140323022710p:plain

とはいえ、グリッドを消してみれば、ほとんど違和感はないはずです。

f:id:arinoth:20140323023149p:plain

グリッド揃え「なし」の問題点

当然ながら、グリッド揃えが初期設定で有効になっているのは理由がありまして、グリッド揃えを「なし」にすると、ページの左右で行が揃わなくなってしまいます。なので、ソースコードや図の数が少ない本だと逆にみっともなく見える場合があります。特にページ末まで文字が入るときは、左右で揃わないことが結構目立つはずです。

f:id:arinoth:20140323041152p:plain

f:id:arinoth:20140323041202p:plain

とはいえ最近のIT書だと、文章だけずっと続くことはあまりなく、ページ途中に画像やソースコードが入るもののほうが多いので、グリッド揃えなしのほうがきれいに見えるケースもあると思います。

昔から本作りに従事している人は「字取り行取り」で訓練されているので違和感ありますが、 読む人にしてみれば、そんなに気になるポイントでもないでしょうし……。

揃え方がまったく違うので、初校以降で修正するのは時間と手間が掛かりすぎて原則NGですが、デザイン作成段階でクライアントとよく相談して、グリッド揃え「なし」で行くと決めてやるのであればアリなのではないかと思います。


追記:改めて説明を書いてみて思ったのですが、グリッド揃えを有効にして得られるものがずいぶん小さいなと。それと実は特に理由もなく、なんとなく書籍だからフレームグリッドが使われてきただけなのでは?という疑惑もなきにしもあらず。 IT書のように図表が多数混ざる本では、グリッド揃えなしでデザインしてもらうほうが正解なんではないかという気がかなりしています。